投資

【聴く読書で自己投資】Audible(オーディブル)を体験使用してみての気づきと恩恵を受ける人

Pocket

オーディブルってどんなサービスなんだろう?本を聴くだけなら読むほど大変じゃなさそうだけど、本当に効果あるのかな?

現代はスマホとインターネットによる情報化も進みインプット全盛の時代

人々の学習意欲はかつてないほど高まっていると言えますが、その一方でなかなかインプットのための時間を確保できない現状もありますよね?

そこでおすすめなのがオーディブルAudible)。

オーディブルは本を音声コンテンツとして聴けるオーディオブックサービスです。

clubHouseやTwitterの『スペース機能』、ワイヤレスイヤフォンの性能もどんどん進化しており、これからは『音声の時代』とも言われていますね。

この記事がおススメな方
  • 読書が好きな方
  • 学習意欲の高い方
  • 時間がなく読書する時間が少ない方
  • 副業をしている会社員
  • 『聴く読書』に興味のある方
  • スキマ時間を有効活用したい方
  • Audible(オーディブル)のシステムを知りたい方

結論は、デメリットをしっかりと確認した上で使用するのはアリ!!
体験してみて、僕には合わないサービスだと感じた。

Audible(オーディブル)とは

Audibleオーディブル)は本を音声コンテンツとして聴くことができるサービス

これまで読書といえば本を開いて自分で文章を読む必要がありましたが、オーディブルなら音楽のように耳で聞くだけ。

これまでのスキマ時間をインプットの時間にすることができます。

たとえばこんな時間をオーディブルの時間に変えることができます。

オーディブルを活用できる時間
  • お風呂の時間(防水のBluetoothスピーカーが必要)
  • 散歩、ジョギングやフィットネスなどの時間
  • 車での移動時間
  • 混雑した通勤通学中の電車、バス内の時間
  • 料理や掃除など家事をしている時間
  • 目を休ませながら、情報をインプットしたい時間

オーディブルはアプリとしてもリリースされているのでスマホで利用することも可能。

イヤフォンさえあればどこでも利用できます。

ノイズキャンセリング機能付きのイヤフォンがあれば、かなり集中することができます。

オーディブルはGoogle Home、AmazonEcho等のスマートスピーカーでも再生することができるので、家にいる時間であればいつでも「何かをしながら」インプットすることができます。

Audible(オーディブル)のシステムについて

オーディブルの定額制は月額1,500円で1冊を購入可能

オーディブルは月額1,500円のコイン制

毎月「コイン」が1枚配布されるので、そのコインを使って配信コンテンツの中から好きなタイトルを購入するシステムです。

はるひな

毎月1,500円で1冊の本を買うのと同じですね。

1冊では物足りずコンテンツをもっと楽しみたいという方は、もちろん追加でコンテンツを購入することも可能です。

ちなみに一度購入したタイトルは途中で返品・交換ができます。

試し読みとして最初の数分間を聴いてみて、合わなそうであれば返品して他の作品を探すといった使い方もできます。

また、購入したタイトルは退会後も聴くことができるので、しばらく利用機会がなさそうであれば、月額制の利用をいったん中断することも可能です。

オーディブルの音声コンテンツは会員でなくても購入可能

オーディブルの音声コンテンツは定額制の会員でなくても購入可能です。

その場合はコインが使えないので、コンテンツごとに購入費用を支払うかたちになります。

ただしオーディブルの音声コンテンツのほとんどは1,500円以上の値段で設定されており、タイトルによっては3,000円近い値段のものまであります。

また定額制の会員は非会員価格の30%オフで購入できます。

月額1,500円の定額制を利用した方が圧倒的にお得なため、現状ではあえて非会員のまま利用するメリットはありません。

Audible(オーディブル)の30日間無料体験について

オーディブルは30日間の無料体験を実施中です。

無料体験の期間中はいつでも退会可能なので、オーディブルを気軽に体験できます。

オーディブルを開始するには絶好の機会ですので、気になる方はぜひ登録してみましょう。

僕も30日間無料体験してみました。

 30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

Audible(オーディブル)の使い方

  1. オーディブルに登録
  2. スマホにオーディブルアプリをダウンロード
  3. 聴きたい本をコインで購入

手順

STEP.1  
オーディブルに登録する
 
STEP.2  
Audible(オーディブル)アプリをスマホなどにダウンロードする。
オーディブルのアプリはスマホやタブレットで利用できます。
 
STEP.3  
Audibleから聴きたいコンテンツをダウンロード
 ⇩
STEP.4  
コンテンツを再生する

Audible(オーディブル)のデメリット

黙読に比べて時間がかかってしまう

これも音声コンテンツの宿命かもしれませんが、読み上げていくと黙読するよりもはるかに時間がかかってしまいます一語一句、きっちり読み上げてくれます。

再生速度もかなり細かく調整できるので、僕は1.5倍から2倍の速度で再生していましたが、それでも時間はかかります。

1冊を音声で読了するまでに通常倍速で6時間55分かかりました。

興味がないところは飛ばし読みができない

本を読んでいるとどうしても興味がない箇所やすでに知識のインプット済の箇所がでてくると思います。

そういった箇所の読み飛ばしが出来ない為、強制的に聴く必要があります

※「目次」で好きなところにジャンプできます。

「前のページに戻って読み返す」という使い方ができない

本であれば、パラパラめくれば割合すぐに目的のページに辿り着くことができますが、音声コンテンツの場合は検討をつけて戻るというのが正直難しいです。

「あのことが書いてあったページ何だっけ」とちょっと戻りたいときに結構ストレスですね。

はるひな

この辺りは視覚情報との違いが顕著に出ていますね

ラインナップが少ない

現状ではオーディブルはラインナップがあまり充実していません。
またジャンルに偏りがあるのも少し気になるところ。

やはりベストセラー系ビジネス自己啓発系が多い印象です。

図や解説資料を目で見ることができない

やはり、音声で図や解説資料を読み上げることは出来ないので、本を目で読んでいる事と比べた場合、どうしても分かり辛い時があります

音声コンテンツは頭に残りにくい

個人差はありそうですが、聴覚から大量の情報がノンストップで入ってくると、それなりに集中力を要求されます。

オーディブルは『ながら聴き』される方も多いと思います。音声コンテンツはきちんと集中して聴かないと頭に残りません

はるひな

再生スピードを上げれば当然より聴き流す状態に近くなるので、こちらも記憶への定着のしづらさに繫がります

Audible(オーディブル)のメリット

インプットの場を選ばない

オーディブルの最大のメリットは聴くだけでOKということ。

これまでインプットの場になりえなかった時間を読書体験に変えることができます。

最大3.5倍速で聴くことができる

再生速度が変更できるからこそオーディオブックの価値は最大化できます。

オーディオブックの場合はだいたいが、5〜6時間の本なので、3倍速にすれば1〜2時間、下手をしたら通勤1日分だったり、ジムで運動している間に本の復習・読み返しが簡単にできてしまいます。

時短読書でインプットが加速します。

はるひな

1.5倍速で再生すると良いみたいですよ

最初の1冊は無料で手に入れることができる

無料で1冊の本が貰えます。解約後も永続的に聞くことが可能です。

オーディブルは無料体験中であっても返品対応が可能なため、自分に合った本に出会うまで交換をすることをおすすめします。

「耳」で読書する、故に「目」と「手」が解放される

耳で読書することによって、「目」と「手」が解放されることのメリットは、「ラジオ」が好きな人はすでに実体験として理解できるのではないでしょうか。

「目」と「手」が解放されることによって、読書の時間が「インプット100%」から「インプットとアウトプット」のハイブリッドに進化することができるんです。

スマートフォン(+アプリ)× ワイヤレスイヤフォン

これによって、いつでもどこでも「耳から読書」ができるという劇的なイノベーションによって、ありとあらゆる日常生活に「読書」をアドオンできるようになったんです。

はるひな

オーディブルにメリットを感じる人は、情報のインプット以上の【何か】を得られる人です。

最初の1冊はどれがいいの?

アウトプットに関する全てが詰まっている作品です。

成長したいのであればインプット以上に大切なアウトプット。なぜアウトプットが重要なのか、どんなアウトプットをすればいいのか。具体的な例を豊富に挙げるだけでなく、継続をする方法まで記載されています。

アウトプットに関してはこれ一冊を熟読して実行すれば他の本は必要ないと思われます。

【書評&要約】『学びを結果に変えるアウトプット大全』得られるメリットは無限大!!極意がココに!!本書は、日本で初めてアウトプットに特化した、アウトプットの決定版とも言うべき一冊です。ビジネスの世界において、プロセスももちろん重要ではありますが、最終的に最も評価されるのは成果産物であることに間違いありません。本書を手に取り、アウトプットを実践して、自分の人生を能動的、積極的に変えてみてはいかがでしょうか。...

まとめ

オーディブルは利用度がライフスタイルに大きく影響されるサービスで、実際に使ってみないとピンと来ない要素を多分に持ったサービスでもあります。

体験型のサービスは百聞は一見に如かず。使ってみてはじめて納得できる部分も多いはずです。

「読書」は本を手にとって読むもの。一定の姿勢を保ってそれ以外のことはせず集中するもの。
この固定概念、生まれてからずーっと染み付いて刷り込まれてきました。絵本に始まり、義務教育での勉強は100%この固定概念下での読書体験でした。

本を耳で聴きながら、ウォーキングやランニング、筋力トレーニングやヨガなどはむしろ健康へ投資しながら、知識への投資も行えるという史上最高のライフハックだといえます。

しかし、上記でデメリットを上げた通り、このサービスは合わない人にはまったく合いません。
僕はkindleの電子書籍『kindlePaperWhite』を手に入れてからは、このサービスを使用しなくなってしまいました。

やはり、本は自分のペースで読み進めたいものです。

継続する気持ちがなくても、1冊無料で購入するのと同じですので、体験だけでもメリットはあります

Pocket

はるひなROOM 一押し商品掲載
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ランキングに参加しております 宜しければ応援お願いいたします! はるひなブログ - にほんブログ村

個人で稼ぐランキングに参加しております 宜しければ応援お願いいたします!