雑記

【自宅で全集中!!】自分だけの秘密基地(聖域)を作ろう!バウヒュッテのぼっちテントについての考察

Pocket

はるひな

こんにちは!はるひなです。
今回は、気になるアイテムの紹介です!!

自分自身が欲しくて調べてみました!

はるひな

子どものころ、ダンボールで囲って秘密基地を作っていました。

狭く、薄暗い空間にいると、不思議と安心感を覚えたものです。

ぼっちてんととは?

商品情報

サイズ:幅1300mm×奥行き1300mm×高さ1500mm

カラー:ブラック

重さ:2.85kg

公式サイト:ぼっちてんと BBT1-130

コロナウイルスによってリモートワーク(正確には在宅勤務)が、一般的になりました。

自宅での仕事が当たり前になったものの、引き続き様々な課題があります。

課題
  • 家族がいて仕事に集中できない
  • 仕事中でも子どもが遊びに来る
  • 電話を集中してしたい
  • リモート会議で生活感ある部屋を見せたくない

こういった在宅勤務に伴う問題を解決するアイテムとして特に最近注目を浴びているのが、ゲーミング家具ブランド・Bauhutte(バウヒュッテ)の「ぼっちてんと」というアイテムになります。

自宅に集中できるスペースがないという悩みに応えるアイテムとして、デスクをすっぽりと覆える室内用テントとなります。

はるひな

暗室にすることができるので、仕事や勉強の他、ゲーム、簡易暗室にも最適ですね。

こちらの状況を察してくれない人が周囲がいた場合でも、ぼっちテントにこもることで「今、僕は仕事をしているんです!」とはっきりアピールできる利点もあるように思いました。

ぼっちてんとのデメリットは?

  1. 遮音性、防音性はほとんど期待できない
  2. 外から見た時の存在感
  3. 畳み方にコツが必要である
  4. 閉所恐怖症の方

ぼっちてんとのメリットは?

  1. 暗室化できる
  2. 小さくおりたためるポップアップ式
  3. エントランスがある
  4. 天井が全開できる
  5. 左右にメッシュ窓がある
  6. Bauhutte(R)(バウヒュッテ)デスクサイズに対応
  7. なんか狭いと落ち着く

通気性

アウトドア用のテントとは異なり、雨風を防ぐ必要がないアイテムなので、部屋に備え付けのエアコンなどによる室温調整の恩恵を受けるためにも、通気性は重要と言えます。

メッシュ窓を大型化し、通気性を向上しました。また、開けた状態でも外部の視線が届かない絶妙な高さに配置しています。

遮光性

顕微鏡を使った研究、色彩補正の作業などのために暗室を作りたい場合には、遮光性もポイントとなります。

デスクを簡易的に「暗室化」できます。

収納性

設置・収納のしやすさをアピールしている製品も多くなっています。収納バッグに入れて持ち運びもできるような製品です。

持ち運びができるメリットと言えば、実家へ帰省する際に、帰省先でもパーソナルスペースを確保できることが考えられます。災害等で避難する際も、持ち運びしやすいサイズなら、避難所などでパーソナルスペースの確保に大いに役立つはずです。

狭い空間の効果とは?

狭い空間=無駄なモノ、情報が少ないということなので目の前のことに集中しやすくなります。

また、人は視界の届かない空間があると安心できず落ち着かないという習性もあるので「ぼっちてんと」のように周囲が囲まれていると安心し、集中しやすくなります。

あるIQテストでは広い部屋と狭い部屋では狭い部屋のほうがI
Qが平均2~3上がったという結果が出たそうです。

ぼっちてんとの価格は?

税込み参考価格は9180円です。購入の際、参考にしてください。(楽天の場合)


ぼっちてんとの口コミは?

はるひな

逆に子どもをテントの中で遊んでもらうという発想も良いですね!!

自分の
秘密基地みたいで大喜びしそうです。

まとめ

家の周りの騒音もシャットアウトできるような完全防音ではないので、そのような効果は期待できませんが、集中できる環境作りには最適だと思いました。通気性はとてもいいみたいですね。

ネットカフェに数回行ったと思えば、すぐに元がとれるはずです。何より、同居人とのムダな争いが避けられるのは、うれしいかも。家族や恋人と同居しているユーザーはぜひ、用意しておきたいですね。

誰にも邪魔されない時間と空間は貴重です!!

私のROOMです。宜しければご覧下さい。
        ⇩
     
はるひなROOM

Pocket

はるひなROOM 一押し商品掲載
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ランキングに参加しております 宜しければ応援お願いいたします! はるひなブログ - にほんブログ村