ブログ運営

【新感覚!!小宇宙の探検!?】超絶楽しいツイッターのスペース機能を体験してみた

Pocket

ツイッターを開くと、タイムラインの上部にちらほら目にするようになってきた「Spaces(スペース)」という機能。

はるひな

はじめは縁がないと思い、視界から消してました

気になるけど、どうやって試したらいいんだろう?入ったら突然話さなきゃいけなかったら怖い!と思う方もいらっしゃるかと思います。

でも、そんなに怖がらなくて大丈夫。まずは聴く専門の「リスナー」から始めることもできます。

5月15日:『ホスト』としてスペースを立ち上げ、実際に体験してみました。

5月29日:ホストが立ち上げたスペースに『スピーカー』として入り、体験してみました。

そこでの体験をもとに、スペースの使い方や楽しさをお伝えいたします。

文字だけだと伝わりづらいニュアンスもあるし、何より声が聴けると安心しますよ。

この記事がおススメな方
  • スペース機能の使い方がわからない
  • ツイッター上部の紫色のモヤモヤ空間が気になる
  • スペースに入るのに勇気が欲しい
  • スペース機能を実際に使ってみた感想が知りたい

この記事を読んで、スペースという名の『モヤモヤ空間』に飛び込んでみよう!

Twitterの新機能「スペース(Audio Spaces)」って何?

「スペース」とは音声でリアルタイムにコミュニケーションをとれるTwitterの新機能です。

利用者が集まり音声を使って自分たちで作り上げるTwitterのコミュニティで、音声版チャットルームといわれています。

はるひな

文字だけのTwitterに新たな価値が生まれました

twitterのスペースの主な使い方

「スペース」を使う人の区分としては3つ
  • ホスト:スペースを作り、発言する権限を与えたり取り消したりできる
  • リスナー:スペースに参加し、会話を聞くことができる
  • スピーカー:ホストから許可された人が会話に参加することができる

ホストの使い方

フォロワーが600人以上だとスペースを立ち上げることができます。
※600人以下でもスペースを立ち上げれた事例があり、600人以上でも立ち上げられなかった事例もあります。

ツイートボタン(青い羽のアイコン)を長押しすると紫のアイコンが出現します。

スペースのアイコンをタップします。

部屋の名前をつけましょう。終了予定時間も記載しておくと丁寧ですね。

『スペース開始』をタップするとこのような画面になりますので、あとは、フォロワーが入ってくるのを待ちましょう。

フォロワーが入室すると上の画面になります。話されている方のアイコンの下にはわかりやすく音声マークが表示されます。

ホストは以下のポイントを意識しながら、会話を楽しみましょう。

  • ある程度のコミュ力が必要
  • 相手の話をよく聴き、相槌を適度に行う
  • スピーカーに完全に飲み込まれないことが重要
  • トークの割り振りやタイムキーパーの役割も必要
  • スピーカー、リスナーへの気遣いが必要
  • ある程度の話題や議題を事前に決めておく
  • 終了時間を決めておく
  • 人数を制限しつつ、話しやすい場をつくる

ホストが出来ること

  • スピーカーをリスナーにすることができる
  • リスナーをスピーカーに招待、承認ができる
  • スピーカーのマイクをオフにすることができる

ホストはリスナーにスピーカー権利を渡したくても、リスナーは承認しない場合があります。
例)
・スペースで話せない状態
・周りの騒音がうるさい場合
・ラジオ感覚で聞くだけにしたい方
・シャイな方

リスナーの参加方法は?

フォローしている方がスペースを始めると、その人のアイコンが紫に光ってTL画面上部に出てくるので、そこをタップし『このスペースに参加』ボタンをタップすることで入室できます。
※ホストが直接招待することもできますし、ホストが呟いたリンクからでも入室可能
※リスナーの数は無制限となります。

ホストの人のアイコンが表示され、他に何人か参加者がいればもう一人のアイコンと「+〇人」という表示になります。

はるひな

紫色をタップすると入室されている方のアイコンと状態(スピーカー、リスナー)を知ることができます。

参加前に見ることができるので、安心ですね。

スペースに参加するとまず、リスナーの状態から始まります。

はるひな

もちろんずっとリスナーでいて、ラジオ感覚で聞いていてもOK!!
たぶん、これが多数派だと思います。

リスナーからの声は届かないので、『ホスト』『スピーカー』の話に反応したい時は、右下の♡ボタンから、感情ボタンを選び、これを飛ばして感情を伝えることができます。

スタンプで反応して、ホストやスピーカーに『楽しんでますよ~』とアピールを行う。

はるひな

リスナーはかなり楽な気持ちでスペースに入ることができます

はるひな

スピーカーとして参加した時には、こんなに大勢の方が聞きにこられていました。

ちなみにこの画面から、気になった方のアイコンを押すと以下の画面となり、フォローを行うことができます

スピーカーになるには?

発言したい人、ホストと絡みたい人は「リクエスト」ボタン(マイクアイコン)を押し、ホストに承認されれば『リスナー』から『スピーカー』に昇格することができます。
※最大10人までがスピーカーとなることができます。

リスナーに戻りたい時は再び、マイクボタンを押します。
「マイクはオンです」表示になっていれば、自分の声がスペースにいる皆に聞こえます。

このマイクのマークをタップすると、ミュートにすることもできます。

「マイクはオフです」表示になっていれば、自分の声はスペース内に聞こえません。

  • ホストを立てる
  • ホストがしゃべることが出来なかった時にフォローを行う
  • 適度に相槌をうち、話を聴いていることを示す
  • 他のスピーカーと発言のタイミングが被らないように、見極める
  • 自分ばかり話をしないように、反応をみながら適度なところでとめる
はるひな

相手の表情がわからない為、発言のタイミングが被ることがしばしばありました。

ココが1番難しいですね。

スペース機能を使用しての感想

はるひな
Oliviaさん
KIDさん
たくとさん

スペースの評価

  • 文字どうしの繋がりのみだった為、声を聴けるのは新鮮です。
  • 適度な人数での話がベスト!!ホスト、スピーカー合わせて、3人~5人理想です。
  • スペース中に一気にフォロワーが増えます(声の安心感、信頼感
    友達の友達を紹介されて仲良くなっていく感じです。
  • 顔出しがないから、会話内容が重視されます
  • リスナーの場合、バックグラウンド再生でラジオ感覚で聞けるのがいいです。
はるひな

はじめて相手の声を聴く時はドキドキ、ワクワク感がハンパないです

まとめ

まずはリスナーやスピーカーとして参加してみようかな、という方向けに、参加の仕方とスペース内でできることについて解説してみました。

ビビッていたけど気楽に行けるようになった」という方が1人でもいれば幸いです。

積極的な「スペース」機能の活用により、さらなる濃い繋がりを持つことが出来るようになります。

さぁ、あなたもスペースという名の『小宇宙』に飛び込んでみよう!

【ツイッター×ブログ】Twitterのフォロワー数を増やすメリットは?なかなか増えない理由と少しずつ減っていく原因は何?Twitterをやっていると、フォロワー数の増減が気になるのは仕方ないことですよね⁉目的を持ち、インプットやアウトプットを継続していくことで、フォロワー数は少しずつ増加していきます。フォロワー数が多いということは、この人はそれだけの価値がある人ということであり、就職や仕事においても市場価値が爆上がりします。...
Pocket

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ランキングに参加しております 宜しければ応援お願いいたします! はるひなブログ - にほんブログ村